コラム一覧

新築マンションが間取りは同じでも狭くなっている理由

2020年08月01日
新築マンションの面積が狭くなっていることをご存知でしょうか。同じ3LDKでも10年前の物件と現在の新築マンションでは広さが違います。一昔前であれば2LDKのサイズで3LDKが販売されているケースもあり…続きを読む →

消費税増税と住宅ローン控除

2020年07月15日
マイホームを購入した際に、家計負担を減らす代表的な制度が「住宅ローン控除」です。所得税が減税され、家計負担を大幅に減らせる可能性があります。その住宅ローン控除が消費税増税によって拡充され、よりお得な制…続きを読む →

コロナ禍での不動産取引

2020年07月01日
新型コロナウイルスの影響で、首都圏中古マンションの成約件数は前年から50%超マイナスになるなど、大幅な落ち込みを見せています。 ここでは、緊急事態宣言が出た4月の不動産取引状況について見ていきましょう…続きを読む →

民法改正に伴う不動産取引の影響⑧ 賃貸 将来債権の譲渡

2020年04月15日
120年ぶりに改正された新しい民法で、将来債権譲渡が新設されます。 民法改正によって、瑕疵担保責任や買主の法的手段、情報提供義務など、他にも多くの点がこれまでとは大きく変わります。 将来債権譲渡も、こ…続きを読む →

民法改正に伴う不動産取引の影響⑦ 賃貸 賃料当然減額

2020年03月30日
民法が改正されることで、これまでは賃料減額請求が必要だったのが、請求が不要な当然減額へと変わります。 これは、貸借人・賃貸人どちらにとっても大きな変化です。 地震などの自然災害で建物の一部が滅失した場…続きを読む →

民法改正に伴う不動産取引の影響⑥ 賃貸 修繕義務と費用

2020年03月15日
120年ぶりの民法改正によって、賃貸における修繕義務と費用のルールも変わります。 貸借人や賃貸人のそれぞれが、修繕義務と費用がどのように変わったのか知っておく必要があります。 変更点を知らないと、余計…続きを読む →

民法改正に伴う不動産取引の影響④ 賃貸 情報提供義務

2020年02月29日
2020年4月1日に施行される改正民法によって、連帯保証人への情報提供が義務付けられます。 これにより、貸借人の財産状況などが連帯保証人に情報提供され、連帯保証人はその情報を確認したうえで、引き受ける…続きを読む →

民法改正に伴う不動産取引の影響③ 賃貸 保証人

2020年02月15日
2020年に施行される新民法によって、賃貸の保証人についても大きく変化があります。 具体的には、極度額設定に関するものです。 不動産取引をするうえで、知っていないと必ず困る部分になりますので、改正内容…続きを読む →

民法改正に伴う不動産取引の影響② 売買 買主の法的手段

2020年01月31日
2020年に施行の新民法によって、不動産取引にさまざまな影響があります。 その1つが、瑕疵担保責任から契約不適合責任への改正に伴い、買主の法的手段が増えることです。 これまでよりも、買主が売主に請求で…続きを読む →

民法改正に伴う不動産取引の影響① 売買 瑕疵担保責任

2020年01月15日
120年ぶりの民法改正によって、不動産取引にも影響が出ます。 その1つが、瑕疵担保責任です。 民法改正で瑕疵担保責任の規定が大幅に見直されるため、その内容を知っていないと、売買後の対応や事前のリスク管…続きを読む →