JR山手線
新大久保駅
JR中央線(快速)
中野駅
阿佐ケ谷駅
JR中央・総武線
西荻窪駅
東中野駅
西武池袋線
椎名町駅
練馬駅
石神井公園駅
西武豊島線
豊島園駅
西武新宿線
西武新宿駅
中井駅
新井薬師前駅
沼袋駅
野方駅
鷺ノ宮駅
下井草駅
井荻駅
京王線
笹塚駅
京王新線
幡ヶ谷駅
東京メトロ丸ノ内線
新宿三丁目駅
中野坂上駅
新中野駅
中野新橋駅
方南町駅
東京メトロ東西線
早稲田駅
東京メトロ副都心線
東新宿駅
都営大江戸線
東新宿駅
中野坂上駅
落合南長崎駅
新江古田駅
練馬春日町駅
都営三田線
本蓮沼駅
都電荒川線
早稲田駅
お客様の声 税金コラム 各種申込書 不動産会社様専用 当社のお客様専用

今住んでいる家の売却を考えたとき、「住みながら売れるのか」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。家を売るとなれば新しい家の資金や引っ越しなどが必要になりますが、住みながら売却できたら、時間の余裕が持てそうですよね。結論をいうと、住みながら家を売却することは可能です。今回は、住みながら家を売るメリットやデメリットを解説します。

住みながら家を売却するメリット

まずは、住みながら家を売却するメリットをご紹介します。

資金計画が立てやすい

最大のメリットは、家の売却で得た代金を住宅ローンの返済や新しい家の購入資金、引っ越し費用などに充てられることでしょう。家が売れる前に新しい家を購入しローンを組んでしまうと、二重で支払いが生じるリスクもあります。住みながら売却することができれば資金計画が立てやすくなり、経済的な負担も抑えることができます。急いで退去する必要がないので売却活動をじっくり行うことができ、売却価格も比較的安定したものになるでしょう。売却と新居に入居するタイミングが合えば、仮住まいを用意する必要もありません。

家を良い状態で保てる

「家は人が住まなくなると劣化する」という話を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。人が住み日常生活を送っていれば、換気や日頃の手入れ、定期的なメンテナンスによって家が良い状態で維持できます。空き家にするよりも家の価値を守ることができるでしょう。

実際の生活がイメージしやすい

住みながら売却するということは、購入希望者による内見もそのまま行うということです。内見する側は、家具やインテリアがあると家を購入してからの生活がイメージしやすくなります。中古物件を購入する方が、前所有者の人となりを気にすることも少なくありません。実際に会って話せることは大きな利点とえるでしょう。また、売る側も交通アクセスや周辺環境などを伝えることで、住みやすさをアピールできます。

住みながら家を売却するデメリット

次はデメリットを見ていきましょう。

内見スケジュールに合わせる必要がある

先述のように、住んでいる状態で内見できることは所有者にとっても購入希望者にとってもメリットがあるのですが、所有者は内見スケジュールへの対応が求められるといったデメリットもあります。内見希望は休日が多く、基本的に所有者は立ち会うため、忙しい方は煩わしさを感じることもあるでしょう。内見は購入を促す大切な機会なので、チャンスを逃さないためにも予定を空けておく必要があります。

きれいな状態を保つ必要がある

家に限ったことではないのですが、中古のものを売却する場合はできるだけきれいな状態にすることが重要です。内見の際も清掃や片づけを行い、生活感が出すぎないようにしたほうが購入希望者側の印象も良くなるはずです。ですが、仕事が忙しかったり内見の希望が多いと、そのような作業をストレスに感じることも少なくないでしょう。

住みながら家を売却することはできますが、すべての方に向いているわけではありません。「住みながら売却する」のと「空き家にしてから売却する」のではどちらがよいか、メリット・デメリットを考慮して慎重に検討することが大切です。