JR山手線
新大久保駅
大塚駅
JR中央・総武線
荻窪駅
中野駅
東中野駅
大久保駅
信濃町駅
JR埼京線
板橋駅
東武東上線
下板橋駅
上板橋駅
東武練馬駅
西武池袋線
椎名町駅
練馬駅
西武豊島線
豊島園駅
西武新宿線
中井駅
新井薬師前駅
沼袋駅
武蔵関駅
東京メトロ丸ノ内線
四ツ谷駅
東高円寺駅
新高円寺駅
中野新橋駅
中野富士見町駅
東京メトロ東西線
中野駅
落合駅
東京メトロ有楽町線
要町駅
都営大江戸線
練馬駅
豊島園駅
都電荒川線
向原駅
お客様の声 税金コラム 各種申込書 不動産会社様専用 当社のお客様専用

「夏のエアコン代が高い…どうやったら節約できるの?」
「エアコン代の節約術が知りたい!電気代を節約する方法は?」

など、夏のエアコン代を節約する方法を詳しく知りたい方は多いでしょう。猛暑が続いていることもあり、どうしても電気代は高くなります。

そこで今回は、夏のエアコン代を節約する4つの方法について紹介しています。

この記事を読んで、少しでもエアコン代を安く抑えましょう。

1.フィルターを定期的に掃除する

夏のエアコン代を節約する方法の1つが、フィルターを定期的に掃除することです。フィルターにホコリやゴミが溜まっていると、冷房効率が悪くなり多くの電力を消費することになります。

フィルターを掃除すれば、冷房効率が良くなりエアコン代の節約に繋がります。また、エアコンから出る空気がよりキレイになります。

少なくとも1ヶ月に1回はフィルターを掃除するようにしましょう。

2.サーキュレーターを活用する

サーキュレーターや扇風機を使って、エアコン代を節約することも可能です。サーキュレーター等を使えば、エアコンから出る冷たい空気を部屋中に効率よく循環させることができます。

部屋の隅々まで素早く冷気が行き届きますので、エアコンをつける時間を短くすることが可能です。サーキュレーターや扇風機を上手く活用すれば、エアコン代の節約ができます。

3.室外機の置き場所を変える

室外機の置き場所を変えることで、エアコン代の節約をすることが可能です。室外機は、室内機が吸い込んだ部屋の熱を外に出し、外の空気を吸い込み冷やして室内機へと送る役割です。

室外機の前に物が置かれていたり直射日光に当たる場所にあると、空気をを循環させる効率が落ちてしまいます。

室外機は直射日光が当たる場所を避け、前に物を置かないようにしましょう。そうすることで循環効率が良くすることができ、エアコン代の節約に繋がります。

4.電力会社や契約プランを見直す

エアコン代を節約したい場合は、電力会社や契約プランを見直しましょう。2016年の電力自由化以降、ポイントが貯まるものや割引があるものなど、さまざまな電力会社・サービスが誕生しています。

使用電力や条件に合った電力会社や契約プランに変えることで、大幅な電気代の節約が可能です。1度、他の電力会社やサービスのシミュレーションをやってみましょう。

まとめ

ここでは、夏のエアコン代を節約する4つの方法について紹介しました。近年、猛暑が続いており、エアコンを使う機会が増えています。

少しでもエアコン代を節約するために、フィルターの掃除やサーキュレーターの活用、室外機の場所や電力会社の見直しを行いましょう。

そうすることで、これまでよりもお得にエアコンを使えるようになります。早速、紹介した方法を試してみてください。