JR山手線
新大久保駅
大塚駅
JR中央・総武線
荻窪駅
中野駅
東中野駅
大久保駅
信濃町駅
JR埼京線
板橋駅
東武東上線
下板橋駅
上板橋駅
東武練馬駅
西武池袋線
椎名町駅
練馬駅
西武豊島線
豊島園駅
西武新宿線
中井駅
新井薬師前駅
沼袋駅
武蔵関駅
東京メトロ丸ノ内線
四ツ谷駅
東高円寺駅
新高円寺駅
中野新橋駅
中野富士見町駅
東京メトロ東西線
中野駅
落合駅
東京メトロ有楽町線
要町駅
都営大江戸線
練馬駅
豊島園駅
都電荒川線
向原駅
お客様の声 税金コラム 各種申込書 不動産会社様専用 当社のお客様専用

近年、新築マンションの管理費や修繕積立金が上昇しています。管理費や修繕積立金は毎月支払うものなので、購入者にとっては非常に大きな問題です。

ここでは、管理費や修繕積立金がどれくらい高くなっているのか、その理由は何なのか確認していきましょう。

管理費や修繕積立金は近年上昇傾向

首都圏の新築マンションは、管理費や修繕積立金が近年上昇傾向となっています。東京カンテイによると、管理費は2015年以降5年連続、修繕積立金は2016年以降4年連続で上昇しています。

●管理費の平均坪単価
・2010年:16,116円
・2011年:15,813円
・2012年:15,633円
・2013年:15,807円
・2014年:15,104円
・2015年:15,567円
・2016年:16,089円
・2017年:16,815円
・2018年:17,838円
・2019年:19,085円

●修繕積立金の平均坪単価
・2010年:6,410円
・2011年:6,527円
・2012年:6,644円
・2013年:6,821円
・2014年:6,751円
・2015年:6,744円
・2016年:6,938円
・2017年:7,286円
・2018年:7,471円
・2019年:7,826円

管理費は5年で約3,500円、修繕積立金は4年で約900円も高くなっていることがわかります。2010年から2019年で見ても、管理費と修繕積立金合わせて約4,400円も上昇しています。

修繕積立基金についても2015年以降5年連続で上昇しており、10年間の上昇率は44.7%(419,913→607,811円)にもなります。

また、戸数規模別の管理費は、50戸未満が高く、200〜300戸以上のマンションだと安くなる傾向があります。ただし、500戸以上になるとタワーマンションであることが多いため、必ずしも戸数が多いことが、管理費・修繕積立金の安さにつながっているわけではないようです。

管理費・修繕積立金が上昇している理由

管理費や修繕積立金は、新築マンション価格と連動しています。以下は、首都圏新築マンションの価格(坪単価)推移になります。

・2010年:235.7万円
・2011年:231.2万円
・2012年:233.3万円
・2013年:240.4万円
・2014年:242.8万円
・2015年:269.5万円
・2016年:280.6万円
・2017年:296.5万円
・2018年:312.5万円
・2019年:328.2万円

上記のとおり、2015年以降、価格は大幅に上昇しています。

管理費や修繕積立金が高くなった理由は、以下2点あります。

・大手デベロッパーのシェアが拡大してハイグレードマンションが増えた
・建築費用や人件費高騰により、維持管理のコストも高くなった

ハイグレードマンションは維持管理コストが高くなるため、管理費や修繕積立金は一般的なマンションより高くなります。また、業界全体のコスト高の影響を受けて、維持管理費用も値上がりしたことが考えられます。

このような理由から、新築マンションの管理費・修繕積立金の金額が年々上昇しており、費用負担が大きくなっています。

管理費や修繕積立金が一気に安くなることは考えにくいため、今後もしばらくは上昇または横ばいで推移しそうです。