3595888_s

破損を防ぐ!引っ越しの荷造りをしっかり行うための3つのポイント

引っ越しを予定していて「荷造りはどう進めたらいい?」「荷造りで気をつけることは?」と不安がある人も多いようです。荷造りに失敗するとスムーズに引っ越し作業が進まず、ストレスを溜めることになります。

ここでは、引っ越しの荷造りをする際に知っておきたい3つのポイントを解説します。

1.荷造りは早すぎても遅すぎてもダメ

荷造りするタイミングは重要です。「早い方がいいだろう」と早めに荷造りを終わらせてしまうと、引っ越し直前になって「やっぱり●●を使いたい」と1度梱包したものを取り出すことになります。

また、荷造りは時間がかかるため、タイミングが遅すぎるのも問題です。引っ越し日までに余裕がなく、仕事から帰宅後、徹夜で作業することになります。焦って荷造りをするため、荷物の傷や破損につながります。

引っ越しで荷造りをする場合は、早すぎても遅すぎても問題が生じる可能性があります。引っ越しまでの使用頻度や荷造りにかかる時間を考慮したうえで、スケジュールを決めることが大切です。

2.梱包は場所やジャンルで分ける

引っ越しの荷造りをする場合は、荷物を普段使用する場所やジャンルに分けて梱包しましょう。「キッチン」「寝室」「トイレ」「食器」「下着」など、普段使っている場所やジャンルで分けていないと、効率よく荷ほどきができません。

引っ越してすぐに全ての荷ほどきができるとは限らないため、必要なものをすぐに取り出せるようにしておくことが大切です。荷物がどこにあるかわからないと、探すのに時間がかかりイライラしてしまいます。

荷造りをする際は荷ほどきのことも考え、使用する場所やジャンルに分けて梱包してください。

3.ゴミはゴミ出し日に合わせて管理する

引っ越しの際に、ゴミ出しで困ることも少なくありません。引っ越し作業をするとゴミが大量に発生します。ゴミ出し日までに間があれば、ゴミ袋に入れてベランダや部屋の中で管理しなければなりません。

生ゴミやカビが生えた浴室用具、ホコリまみれの雑貨などが入っているため、ニオイがきついこともあります。

ベランダで管理すると異臭がすごく虫が来ることもありますし、部屋の中で管理する場合は作業スペースが狭く、荷物が片付いている実感が湧きにくいでしょう。

あらかじめゴミ出し日を確認しておき、ゴミ出しのスケジュールと管理方法を考えておくようにしてください。

まとめ

引っ越しの荷造りをする際は、荷造りのタイミングと分け方、ゴミ出し日に合わせてゴミを管理することが大切です。ここで紹介したポイントを参考に荷造りをすれば、効率のよい荷ほどきやスムーズな引っ越しが可能です。

早速、引っ越しに向けた荷造りの計画を立ててみましょう。