JR山手線
新大久保駅
大塚駅
JR中央・総武線
荻窪駅
中野駅
東中野駅
大久保駅
信濃町駅
JR埼京線
板橋駅
東武東上線
下板橋駅
上板橋駅
東武練馬駅
西武池袋線
椎名町駅
練馬駅
西武豊島線
豊島園駅
西武新宿線
中井駅
新井薬師前駅
沼袋駅
武蔵関駅
東京メトロ丸ノ内線
四ツ谷駅
東高円寺駅
新高円寺駅
中野新橋駅
中野富士見町駅
東京メトロ東西線
中野駅
落合駅
東京メトロ有楽町線
要町駅
都営大江戸線
練馬駅
豊島園駅
都電荒川線
向原駅
お客様の声 税金コラム 各種申込書 不動産会社様専用 当社のお客様専用

不動産業者にとっての電子契約のメリットとは

電子契約を導入している企業の増加に伴い、BtoBによる電子契約の件数もかなり増加しています。
業種によってはそれほど大きな恩恵を受けられないところもありますが、印紙を頻繁に用いるところ、書類をよく郵送している企業は相当大きなメリットがあります。
なかでも注目したいのが不動産契約に関する業務を行っているところです。不動産契約をするにあたっては、課税文書を使用するのでそれが経営を圧迫することも少なくありません。
不動産の価格によっては相当な印紙税の金額を支払わなくてはいけませんが、電子契約で、やり取りをすることによって、印紙税を大幅に節約することができるでしょう。
不動産関係の業種だけではなくて、印紙税が経営に与えていたダメージは大きかったので、これを避ける意味で率先して電子契約システムを取り入れた企業もあるほどです。
印紙税にかかわるメリットのみならず、仕事自体を効率化できるという点も魅力ではないでしょうか。業務を効率化することでも、企業の利益アップは可能だと思います。

不動産業に於ける電子契約の今後の展望

不動産契約関連の業務を手がける企業にとって電子契約はなくてはならない存在で、上記したような印紙税の大幅削減を可能にしてくれます。
それだけではなくて不動産契約の際に必要とする書類の郵送にかかわる費用も抑えられます。
切手代金は決して高くはありませんが、塵も積もれば山となるわけですので、切手代金、封筒代金などを抑えられるのは大きなメリットでしょう。
そして郵送にかかわる手続きが必要なくなるので、業務を今まで以上に効率化することも難しくはありません。
印紙税、郵送にかかわる諸費用、そして人件費までをも削減できるのは助かりますし、そのリソースを別の部分に割くことができるようになるでしょう。
電子契約の導入に抵抗感を感じている企業もたくさんあると思われますが、あまりにも大きなメリットがあるわけですから、思い切って導入してみてはいかがでしょうか。
今は問題がなかったとしても、今後は電子契約システムを導入していることが当たり前になると思われます。
今まで不動産契約の際には、印紙税の問題がネックになっていましたが、それが解決されるのはとても有難いことです。

電子契約のセキュリティ対策

電子契約にメリットがあるのは解りましたが、セキュリティの面での心配もあって二の足を踏む方も多いのではないでしょうか。  
セキュリティ対策としては、電子署名であり、タイムスタンプで以前よりも安心になるでしょう。

電子署名とは

電子的に本人確認を行ったり、申請内容が改ざんされていないかをチェックしたりするための仕組みです。
紙情報では印鑑の押印と印鑑証明書により情報の真正性を認証しますが、電子情報では、印鑑の押印に代わり、電子署名と電子証明書を付することで真正性を認証しています。

タイムスタンプとは

ある時刻にその電子データが存在していたことと、それ以降改ざんされていないことを証明する技術。タイムスタンプに記載されている情報とオリジナルの電子データから得られる情報を比較することで、タイムスタンプの付された時刻から改ざんされていないことを確実かつ簡単に確認することができます。 (総務省HPより)

電子署名+タイムスタンプで以前より安心なセキュリティ対策を

電子署名+タイムスタンプにより、以前より安心・安全にインターネット上で重要な書類を送受信できますし、改ざんやなりすましをされずに済むリスクが減ります。
今までは改ざんなどの問題を解決する術がなく電子契約はリスクのあるものでしたが、今は電子署名やタイムスタンプのお蔭で以前より安心して送信できるようになりました。
電子署名は知っていても、タイムスタンプについてはまだ知らない人もいらっしゃいます。
タイムスタンプは名前通り時間と何を制作したかを証明するものです。
例えば、とある重要書類を作成して送信するとします。
タイムスタンプがある文書だった場合、その時刻以降は誰もいじっていないということになり、改ざんされていないことの証明になります。
また、本当にそのタイムスタンプが記している時にその文書があったという存在証明ともなります。
これは電子契約をする上でとても重要なもので、これにより信頼性を格段に向上させることができるでしょう。
電子署名だけでセキュリティ対策は十分では?と思っている人もいるでしょうが、それでは存在証明ができないのです。
より確実で安心に電子契約を行うのなら、電子署名とタイムスタンプの両方を使用すべきでしょう。
セキュリティ対策が叫ばれている現代だからこそ活用したい技術です。

※参考
ソフトバンク コマース&サービス株式会社
http://www.purchaseone.info/signup-one/column/theme01/column34.html
http://www.purchaseone.info/signup-one/column/theme01/column12.html

総務省
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/security/basic/structure/05.html

電子政府の総合窓口
http://www.e-gov.go.jp/faq/shinsei-term/0003/index.html