colum0915

「初心者向け」不動産投資の勉強方法

不動産投資を始めようとしている人の中で「不動産投資の勉強方法を知りたい」「どんな勉強方法が良いのか教えてほしい」など疑問を持っている方は多いのではないでしょうか。

不動産投資の勉強方法には、本やWebサイト、セミナーなどがあり、それぞれで特徴や注意点が異なります。

ここでは、初心者向け不動産投資の勉強方法について解説します。

1.不動産投資には知識が必要

不動産投資には、物件選びや金利、収支計画の立て方、運用に関わる法律など、様々な知識が必要です。知識がないと、魅力的な物件選びや条件の良いローン選ぶなどが難しくなり、安定した賃貸経営ができなくなります。

不動産投資は数千万円の資金を投じるため、基礎知識やノウハウなどを身につけたうえで始めることが大切です。

2.本

不動産投資の勉強方法の1つが、本による勉強です。投資家や不動産会社などが発行する不動産投資関連本がたくさんあります。1冊1,000円〜1,500円程度で購入でき、初心者向けの基礎知識やノウハウを学ぶことが可能です。

ただし、本に記載されている成功体験をそのまま真似しても上手くいくとは限りません。また、著者が不動産会社などの場合は宣伝が入っていることもあるため、鵜呑みするのは危険です。

幅広い知識を得るために、できれば2〜3冊以上の本を読みましょう。

3.Webサイト

Webサイトは無料で不動産投資の勉強をできるのが特徴です。スマホからでもアクセスできるため、通勤時間や休憩時間を利用して勉強できます。物件選びやローン選び、確定申告の仕方など、自分の知りたい情報をすぐに探せるのがWebサイトのメリットです。

ただし、多くのサイトを見ないと偏った情報ばかりを見る可能性があります。Webサイトで勉強する場合は、情報源が異なるサイトを数多く確認するようにしましょう。

4.セミナー

セミナーに参加して不動産投資に必要な知識を学ぶ方法もあります。経験豊富な不動産投資家や不動産会社、ファイナンシャルプランナーなどから不動産投資やローンに関する話を直接聞くことができます。昨今、オンラインセミナーも増えており、気軽に参加することが可能です。

ただし、営業目的のセミナーも多いため注意が必要です。しつこく営業をしてくる悪質な業者もあります。

■まとめ

不動産投資の勉強方法には、本やWebサイト、セミナーがあり、それぞれで特徴が異なります。各勉強方法の特徴を理解したうえで、自分に合った方法を選ぶことが大切です。できれば1つの方法だけで勉強をするのではなく、2つ以上の方法を選択することをおすすめします。

複数の方法で勉強をすると、偏りを防ぎやすく、幅広い知識を得られるからです。これから不動産投資を始める方は、早速勉強をして基礎知識を身につけましょう。