タグ別アーカイブ: 投資用不動産

nisshin20210401

不動産投資と株式投資、不労所得がほしいならどちらがおすすめ?

コロナ禍で多くの人の収入が減っている昨今、副業を始めて給与所得以外の収入が欲しいという方も多いのではないでしょうか。
副業として収入を得る方法の一つに、自分の資産を活用して収益を生み出す、いわゆる「投資」があります。そこで、代表的な投資の方法である不動産投資と株式投資という、二つの投資の特徴を紹介し、どういった方にどういった投資が向いているのかを、お伝えしていきます

1.不動産投資の特徴

不動産投資の特徴は、安定した収益を得やすいという点です。不動産投資は一度不動産を購入してしまえば、物件を貸し出すことで、毎月家賃収入が入ってきます。収益を得るために継続的な売買を繰り返す必要がありません。貸出先を見つけるまでは時間かかるかもしれませんが、貸出先が決まってしまえば、その後は特に作業を行うことなく不動産会社に管理を任せて毎月家賃収入を受け取るだけなのです。そのため、仕事が忙しい人に向いているといえば。
不動産を購入するためには最低でも数百万円、一般的には1,000万円以上のお金が必要です。まとまったお金を調達できないと不動産投資は始めにくいですが、金融機関が購入資金を融資してくれることもあるので、「お金を借りて」自分の資産を増やすことができます。

2.株式投資の特徴

株式投資は、株式市場に登場している企業の株を購入し、売買を繰り返して売却益を得るという投資手法です。そのため売買を繰り返し行わないと収入を得ることができません。相場を常に監視する必要があります。株式相場が動いているのは平日の日中ですから、株式相場を常時監視できないサラリーマンの方は、安定した収益を得るのは難しいです。
一方で、メリットは信用取引などの方法で少ない元手で投資を始め、大きな利益を狙うことができる点です。
また株式を持っていれば、企業によっては株主優待や配当金など不労所得に近い形での収入を得ることも可能です。

3.安定した収益を得たいならば不動産投資がおすすめ

では、サラリーマンの方に向いている聖書は不動産投資と株式投資どちらでしょうか。結論から言えば、不動産投資の方がサラリーマンの方に向いていると言えます。一度に大きな利益を獲得できるのは株式投資ですが、取引に失敗して損失が発生する可能性もあります。
また利益を安定的に得るには常に相場監視の必要があり、常時相場の監視が難しい人にとっては利益を出すこと難しくなっています。
不動産投資の場合、貸し出してしまえばあとは自分で特に作業を行う必要がありません。毎月一定の収入を得ることが可能となっており、仕事に差し支えが出ることもありません。
一度に大きな金額を得ることはできませんが、少しずつ収入を増やしたいという方は、融資を受けて不動産投資を始める事を考えてみましょう。

3913658_s

投資用不動産を安く買う方法4つ

不動産物件を購入する時には、できるだけ安く購入したいものです。
そうすれば、返済リスクを小さくしたり、また利回りを高めることができます。
そこでここでは、一般の方でも取り組める「投資用不動産を安く買う方法」4つをお伝えします。

1.値引き交渉を行う

まず不動産を購入する時には、必ず値引き交渉を申し込んでみましょう。 特に先方の物件がなかなか売れずに売れ残っていたり、こちらが現金で購入することができると伝えれば、値引き交渉に応じてくれる可能性が高まります。
売る側にとっては、不動産を売るということは、現金が必要な事態に陥っていることが多いです。元気が必要な期限までに速やかに不動産を現金化できるのであれば、多少価格が安くなっても構わないという人もいるのです。
また売る側が、予め値引き交渉を申し込まれることを見込んで、やや相場より高めに物件価格を設定していることもあります。
1割程度の値引き交渉でしたら、駄目元で申し込んでみると良いでしょう。

2.競売物件を狙う

住宅ローンの返済ができなくなったり、マンションの管理費の支払いができなくなった物件は、裁判所によって競売物件として扱われることがあります。
競売物件は入札で価格が決定するので、場合によって安く買えるチャンスになるのです。
ただし競売物件は内覧ができなかったり、瑕疵担保責任がないリスクが存在します。

3.任意売却物件を狙う

任意売却物件を狙うのも、不動産を安く買うための一つの手段です。
任意売却物件も住宅ローンの返済ができなくなった人の物件を売るという方法ですが、 競売物件とは異なり、一般的な不動産と同じように、不動産会社が仲介に入って売却活動は行われます。
そのため内覧も出来ますし、瑕疵担保責任を設定することもできます。
任意売却物件の場合は、自分が物件を買い取り、元の持ち主(売り主)にそのまま住み続けてもらい家賃収入を得る、リースバックという手段も取れます。
そうすれば、不動産運営の安定性が増します。

4.”訳あり”物件を狙う

その他にも、心理的瑕疵物件、いわゆる事故物件や再建築不可物件などの訳あり物件を狙うのも一つの手段です。
ただし、心理的瑕疵物件はその建物内で事故などがあったことを告知しないと、訴訟に発展する可能性があります。
また、再建築不可物件はローンが使えないことが多いので、現金買いが基本になってきます。

訳あり不動産物件は、価格的なメリットがありますがその分、取扱いに関するリスクも存在しています。
まずリスクをよく知ってから、購入するかどうかを検討していきましょう。