column-15

リラックスできるソファの上手な選び方とおすすめレイアウト

リラックスできるソファ購入を考えていて「どんな点に気をつけて選ぶといい?」「レイアウトはどうしたらいい?」など、疑問を持っている方は多いことでしょう。

ソファの選び方やレイアウト1つで、リラックスできるかどうか変わってきます。

本記事では、リラックスできるソファの上手な選び方やおすすめレイアウトについて解説します。

リラックスできるソファの上手な選び方

リラックスできるソファを選びたい場合は「サイズ」や「高さ」「素材」などに気をつけることです。

ここでは、リラックスできるソファの上手な選び方について見ていきましょう。

寝転んでも余裕のあるサイズを選ぶ

ソファで寝転んだり足を伸ばしたり、横になって読書や映画を見たりなど、ソファの上で自由な体制がとれる余裕のあるサイズを選びましょう。寝転んだ時にソファから肩や足が出ないサイズがおすすめです。

アームは座面と同じ高さにする

アームが高いと、寝転んだり足を伸ばした時に体が当たってストレスに感じます。アームは座面と同じ高さのものを選べば、よりリラックススペースが広く感じ、快適になるでしょう。

くつろぎやすいロータイプを選ぶ

ソファの高さはハイタイプよりもロータイプの方が、リラックスできるでしょう。高さがない分、寝転んでいる時の心理的な安心感が増し、落ち着くためくつろぎやすいです。

カバーはいつでも洗える着脱式がおすすめ

ソファが汚れていたら、リラックスしてくつろぐのが難しくなります。汚れが気になり、ストレスの原因にもなるでしょう。カバーが着脱式で洗えるものを選べば、常に清潔感のあるソファでゆっくりとくつろげます。

肌触りが良く柔らかい素材にする

座面は肌触りが良く柔らかい素材がおすすめです。フカフカな感触で心地よい時間を過ごせます。逆に硬い素材だと長時間横になるのはきついでしょう。

リラックス空間を作るなら仕切るのがおすすめ

ソファのを購入したら、部屋に仕切りを設けてリラックススペースを作るのがおすすめです。ソファとTVがある空間を作り、家具等でスペースを区切れば、より快適な時間を過ごせるでしょう。

まとめ

ここでは、リラックスできるソファの上手な選び方やおすすめレイアウトについて解説しました。リラックスできるソファは「サイズ」や「高さ」「素材」などに気をつけて選び、お部屋は仕切るのがおすすめです。

ソファ購入を考えている方は、ここで紹介した内容を参考にしてみてください。