colum12-31

くつろげる部屋にする!居心地がよい部屋をつくるインテリアコーディネートにポイント

居心地がよい部屋づくりを考えていて「どうやったら快適な部屋づくりができる?」「どんなインテリアコーディネートにすれば居心地はよくなる?」など、疑問に感じている方は多いでしょう。

そこでここでは、居心地がよく快適な部屋をつくるインテリアコーディネートのポイントについて解説します。

部屋のコンセプトを明確にする

居心地がよく快適な部屋づくりをするために、まずは部屋のコンセプトを明確にすることが大切です。コンセプトが明確であれば部屋にまとまりが出て居心地のよさを感じられるからです。明確でない場合は統一感が出ず、落ち着きのない部屋になる可能性があります。

「インテリアショップ風」「カフェハウス」「西洋のアンティークルーム」「西海岸のリラックスルーム」など、決めたコンセプトに沿って部屋づくりを進めていきましょう。

花や観葉植物を飾る

居心地がよい部屋づくりをするのにおすすめなのが、部屋の中に季節の花や植物を飾ることです。花や観葉植物などを飾れば、部屋に彩りができ、ふんわりと漂う香りで心が落ち着きます。

季節に合わせた花や植物を飾れば、常に新鮮でフレッシュです。

動線を意識して家具を配置する

居心地がよく快適な部屋づくりをしたい場合は、動きやすさを意識した家具配置に変えましょう。お気に入りの家具・インテリアでも、動線の邪魔になっていればストレスの原因になります。

スムーズな動線を確保することを第一に考えて家具を配置すれば、居心地のよい空間をつくれます。

照明にこだわる

照明にこだわることで居心地のよい部屋をつくることもできます。間接照明や小さなフロアライト、デザイン性の高いペンダントライトやシーリングファンライトなど、照明が変わるだけで部屋の雰囲気は一変します。

照明が1つ変わったり加わるだけで部屋の印象は大きく変わるため、照明にこだわるのもおすすめです。

季節やイベントに合った小物を飾る

季節やイベントに合った小物を飾れば部屋が新鮮な雰囲気になり、くつろげる空間へと変わります。リビングの壁や玄関の棚、トイレなど、目につく所に飾ってください。部屋にいる時間が楽しくなり、居心地のよさを感じられるでしょう。

まとめ

ここでは、居心地がよく快適な部屋をつくるインテリアコーディネートのポイントについて解説しました。コンセプトを明確にしたり、花や観葉植物を飾ったり、動線を意識するなどすれば、居心地のよい快適な部屋をつくることができます。

模様替えを考えている方は、ここで紹介した内容をぜひ試してみてください。